• 横浜矯正歯科・審美歯科専門クリニックが最新の治療法をご提案致します|TOP
  • 当クリニックについて
  • 院長・スタッフ紹介
  • 監修医院のご案内
  • 当クリニック7つの安心
  • 矯正治療人気ランキング
  • 治療費のご案内
  • よくあるご質問

医療費の控除

矯正治療費も医療費控除の対象になります。(美容矯正は除きます。) 1年間に実際に支払った治療費(他院の治療費も含む)が、10万円を超えた部分が医療費控除の対象になります。 税金の還付額は収入により異なります。 還付請求は確定申告の時に行ってください。 その時には領収書の添付が必要となりますので、大切に保管してください。 詳細につきましては、各管轄の税務署へお問い合わせください。

医療費の控除について

1年目に840,000円支払った場合 矯正治療費用 対象額
840,000円 - 100,000円 = 740,000円 740,000円
1年目に矯正費の1/3、
2年目に2/3を支払った場合
1年目 治療費の1/3 (280,000円)
280,000円 - 100,000円 = 180,000円
640,000円
2年目 治療費の1/2 (560,000円)
560,000円 - 100,000円 = 460,000円
矯正費を1/3ずつ
3年にわたって支払った場合
1年目 治療費の1/3 (280,000円)
280,000円 - 100,000円 = 180,000円
540,000円
2年目 治療費の1/3 (280,000円)
280,000円 - 100,000円 = 180,000円
3年目 治療費の1/3 (280,000円)
280,000円 - 100,000円 = 180,000円

1 医療費控除の概要

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、 一定の金額の所得控除を受けることができます。 これを医療費控除といいます。

2 医療費控除の対象となる医療費の要件

  1. 納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
  2. その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。

3 医療費控除の計算方法

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額です。

かかった医療費(注1)-10万円(注2)=医療費控除額(200万円限度)

(注1)実際支払った医療費の合計額ー保険金などで補てんされる金額
(注2)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は所得の5%の額

  • 当クリニックについて
  • 院長・スタッフ紹介
  • 監修医院のご案内
  • 当クリニック7つの安心
  • 矯正治療人気ランキング
  • 歯並びを良くする方法
  • 取り外しのできる装置
  • 最新の歯科治療法
  • 最新の見えない
  • スピード、クイック
  • 歯を抜かない
  • 痛くない
  • 歯科最新情報を説明しています。
  • 治療費のご案内
  • 医療費控除について
  • よくあるご質問
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

ページのトップへ